アマゾンでお買い物をする時は当会サイトを経由してご利用ください。利用高に応じた支援を受けて活動しています

除ケの堰堤(よけのえんてい) 国指定 登録有形文化財

鯉のぼりの架け渡し 毎年4月下旬~ゴールデンウィーク

【住所】   東温市山之内大畑乙

【問合わせ先】東温市歴史民俗資料館 089-964-0701

【アクセス】

伊予鉄道バス 森松横河原線 除下車 すぐ前(採石場のトラックに注意)

       横河原駅~11分 210円

タクシー   横河原駅から5分

自動車    国道11号→新横河原交差点北→県道152号線3km

       ※駐車場 なし(除バス停側に少しの時間の停車スペースあり)

【見頃】   鯉のぼりの架け渡し 4月下旬~ゴールデンウィーク 

 

除けの堰堤

 重信川は川床勾配のきつい急流河川で反乱を繰り返していた。そのため、重信川流域を洪水や土砂災害から守ることを目的に砂防ダムが作られた。

まるでブロックのように正確!
まるでブロックのように正確!

 

昭和7年から901日をかけ、のべ15万人の人力を要しダムは完成した。瀬戸内の島石(花崗岩)17000個を使った伝統的な石積み工法で、石の重量で水圧を支えている。

堰堤は80年たった今もその機能を果たし私たちの暮らしを守り続けている。

 

 

 

 

 

  

鯉のぼりの架け渡し

2015.4.26 

山之内自治会のみなさんによる、21回目の鯉のぼりの架け渡しが行われた。

除バス停前 午前8時作業開始


バス停除から大畑までのガードレールに小さな鯉のぼりを取り付ける。


鯉のぼり一つ一つに、ホースを装着したパイプを入れて固定する。

これにより、勢いのある鯉に見えるそうだ。

これぞ先人の知恵!




支柱に滑車を装着することで、スムーズに川の上を鯉のぼりがわたっていく。


いよいよ架け渡しスタート!

一列に並び鯉を送り出していく。

今年のこだわりは色合い。鯉を並べる順に気を使う。

皆さんから提供していただいた鯉のぼりは、みつけやすいよう目立つところに吊るすよう心掛けている。

 

 

 

2時間ほどで完成!

子どもたちの成長を願い88匹の鯉が泳ぐ。


2016年の鯉のぼりには、

がんばれ熊本・大分の文字が!


鯉のぼり募集中!

 団地サイズの鯉のぼりが主流となり、最近では大きな鯉のぼりを見かけることも少なくなってきた。山之内自治会では、おうちに眠っている鯉のぼりがあれば寄付を募っている。来年は堰堤で元気よく泳がせてみませんか。

 受付 中央公民館または川内公民館

 提供者には架け渡しのDVDをプレゼント

編集後記

 本当に生き生きと泳ぐ姿に感激。

 長く続けていくために、色々な工夫があり感心する。

 縁起がいい数字だから、八八匹。

 準備には、各組長が参加したが高齢化が進んでいる。若い人にも出てもらいたい。

 新緑をバックに、堰堤の白い水しぶき、そこを泳ぐ様々な色の鯉のぼり、清々しい気持ちになる。この地区の子供は少ないが、長く続けていただきたいと思う。